yoga kutir 凪

ヨーガクティールなぎ

オウム麻原死刑執行(3)

こちら↓からの続き、というか付録記事(本紹介)です。

オウム麻原死刑執行(1) - yoga kutir 凪

オウム麻原死刑執行(2) - yoga kutir 凪

最近オウムの追っかけをしていて面白かった(興味深かった)本、動画まとめてドンしておきます。(今後も何か見つかったら追加するかも)

 

オウムと身体

オウムと身体

 

 整体の人目線での研究。

片鼻交互呼吸によって起こりうるエネルギー状態の考察とか、ホント面白いです。

 

アンダーグラウンド (講談社文庫)

アンダーグラウンド (講談社文庫)

 

あの日のこと、というのが淡々と描かれている、重いが良い本。特に「あの日」という実感がない私のような人間にとっては。

 

逆さに吊るされた男

逆さに吊るされた男

 

村上春樹がインタビュー集というかたちでまとめたのに対して、私小説的なかたちにしたのが田口ランディ。途中、「この話どうなっちゃうの?(・_・;)」と思うんだけど、最後まで読んでほしい。私にとっては沢山の示唆がありました。

 


オウム事件について、われわれが忘れてはならないこと

 

田口ランディの作品では「反省とは事件を忘れてしまうことだ。」という、いかにも禅師らしい言葉が紹介されているのですが、宮台真司は「われわれが忘れてはならないこと」と、いかにも社会学者らしく語っていらっしゃいます。