yoga kutir 凪

ヨーガクティールなぎ

間(あはひ)

著書だけは山ほど読んだ、整体の片山洋次郎先生の講座に行って来ました。初めてお会いした片山先生はさすが、さらりとそこらへんにいたとしても圧迫感がないです。

 

ロルファーの田畑浩良先生とのダブル講師の講座で、進行役もロルファーの藤本靖先生ときたもんで、ただその場にいるだけで緩みそうな絶妙なメンバーです。

 

「間」を大和言葉で「あはひ(=あわい)」とあらわした今回のテーマ。

 

自分の体の部分と部分の「間」を体感するということも、さらっとやりましたが、やはりメインは、施術者と受け手の間の「間」の取り方を探るというペアワーク。片山先生方式と田畑先生方式を両方やってみる、という感じでじっくり味わってきました。

 

基本的には相手のことを自分の体の感覚として受け取ることと、お互いが息苦しくならない「間」を探るということを行なっていく、という感じかな。だから、真っ向から対峙するのは避ける。「正対」は緊張を生むから、基本的に外す。(田畑先生がしばらくこの「せいたい」を「整体」と勘違いされていたくだりがなかなか面白かった。実は私も同じ勘違いをしながら最初聴いてて???だったからw)

 

相手のことを感じ取っているんだけど、間の空気が重さを増してきたと感じたら、またちょっとずつ外す。

 

って、意味不明ですかね。。実際、知らない人がうっかり一斉にペアワーク中の部屋の様子を目にしたら、かなり不気味な印象を受けたに違いないです。w

 

ただ個人的には、今回のこのワーク、そして先週ギターの先生から受けた「音霊ヒーリング講習」、キューバ滞在中のオイル施術、それから最近ご紹介した内藤先生の本などを通じ、最近自分の中で何かが変化していっている感じがありまして。

 

今後のセッション(特に足圧やオイルの施術)にも、良い変化を与えてくれそうな予感なのです…

 

そんなわけで、7月からオイルの施術1,000円値上がりの5,000円になるのですが、ニューロをおまけでおつけするキャンペーンをあと5名くらいまで受け付けます。初めてのかたはもちろん、そして以前受けたのが今年5月以前だったかたは特に、ぜひもう一度お試しくださいね。

 

ヨガやピラティスの個人セッション、施術メニューともに、「パーソナル」となっている時間帯で承っていま〜す!

↓↓↓

https://www.yoga-nagi.com/reservation/

 

【余談】

田畑先生曰く、相手とのストレスにならない間のとりかたを練習するのは野良猫相手にやるといい、とのこと。今日はいつも警戒した顔で見つめてくる近所の猫さんが、いい感じにそっぽ向いてくれてました。そして、こちらの人懐こい猫さんは適当に足元を3周ほどスリスリして、じゃーねーと去っていきました。

 

なかなかいい間をとれたんじゃないだろか…(笑) 

f:id:yoga-nagi:20170630012813j:image