読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yoga kutir 凪

ヨーガクティールなぎ

脳の幹は働き者~『ニューロ』キャンペーン~

 

【クリスタライズ協賛】『ニューロ』お試しキャンペーン

新しいブレンドオイル『ニューロ』を、通常のバックファクターズに+αでお試しいただけるモニターキャンペーンです。

◆これまでのバックファクターズモニター価格4000円据え置きです

15名様限定のキャンペーンとなります

◆ お申込みフォームから、希望の日時を第3希望くらいまで書いてお送りください!

 

 前回の記事で、新しいブレンドオイル『ニューロ』を塗布する部位を確認しました。

 

で、それらの解剖図を眺めていて思ったんですね。

ぼんのくぼという窪みや、頭蓋骨の下縁へと注ぐように垂らして、オイルを送り届けたいのはきっと脳幹なのかなぁ…と。

f:id:yoga-nagi:20170427000802j:plain 

脳幹というのは、大脳のようなクリエイティブな発想、言葉を理解し操るといった人間独特の知的な働きはしませんが、実は生命維持装置みたいな重要な役割を担っている部分です。

 

「私の生きがい」を見出したいと欲求するのが大脳だとすると、常に「生きるということそのもの」を欲しているのが脳幹といったところでしょうか。

 

このあたりのバランスを崩している人って割と多いと思うんですね。

 

で、思い出したのがこの話。(確かcandleJuneさんの随分昔のインタビュー記事だったかと記憶しているのですが…)

生きる意味が見出せず悩める若者だった頃、もう死んでもいいやって思って引きこもっていたのだけれど、気づいたら「あ、なんかお腹すいた」って、無意識で食べ物を買いに出かけている自分に気づいてハッとした。

 

これ、言い換えると、心(大脳)がどんなに生きる意味が見出せないなら死んでもいいやって思っていても、そんな気持ちなどお構いなしに生きようとしてるカラダ(脳幹&小脳)に気づいたということ。

 

「お腹すいた」という食欲を司る脳幹、そして、ほぼ無意識でも買い物に出かけるという習慣的なカラダの運動を司っている小脳。この生命の仕組みに出会ったとき、心(大脳)が大きく揺さぶられたってことだと思うんですよね〜。そう、脳幹って働き者なんです。

 

実は、ニューロをお試しになった方々からこんな言葉が出てきたのです。

「魂の器(←カラダのことをこのような言葉で表現したくなったようです)を丁寧にケアしてもらっているんだなあって感じました」

「感情面でいうと喜びやワクワク感が溢れて来ました」

 

普段、偏って使っている大脳がお休みをして、普段意識をすることが少なくなっていたカラダにフォーカスがあたったり、脳幹がいきいきとしたその生命力を取り戻し「生きる=喜び」という感情が湧きあがったり、ってなことが起きたのかな~、なんて想ったりしています。(※ネガティブな感情があぶり出される、みたいな体験をする方もいると思います。私はそっちでした(笑))

 

個人的には、「ココロとカラダをつなぐ」みたいな言い回しは好きではないんです。それは、「ココロとカラダは、現れ方が違うだけで元々同じモンじゃい!自分で勝手にバラバラにしてしまっただけでしょ。」って思っているからです。

 

ただ、現代の社会ではどうしても自意識・コトバ・思考…(=大脳的な側面)に偏りがちで、つなぎとめないと本当に2つに分裂しそうな感じの人もいるのは事実で、このあたりのバランスを整えていくのにも、よく働いてくれそうなオイルだと思われます。

 

 

 ※参考文献:『トリセツ・カラダ』宝島社

 

◆yoga kutir 凪
~ヨーガ・ピラティス・マスターストレッチ・足圧・アロマ~

ホームページ | スケジュール | ご予約 | お問合せフォーム