yoga kutir 凪

ヨーガクティールなぎ

【円光寺ヨガ|法華寺ヨガ】1~2月レッスンのご案内

皆さま今年もよろしくお願いします(*^-^*)オイオイおそいヨー

円光寺のヨガレッスンのお知らせです!
みなみなさまのご参加お待ちしております。

最近両方に来てくださるかたがいらっしゃるので、ついでに法華寺の予定も入れておきます。

■日時
1月20日(土) 15:30~17:00
2月17日(土) 15:30~17:00

■料金
1,500円+お寺の募金箱に100円程度の寄附

■円光寺ヨガお申込みフォーム

圓光寺ヨガ ご予約・お問合せ

 

f:id:yoga-nagi:20170212173638j:plain





★ついでに法華寺のクラスご案内★
なお浅草・本所吾妻橋法華寺のヨガは1月は先週終了し、2/10(土)18:30~開催です。
こちらは高齢のご参加者もいらっしゃることもあるため、たいていユルユルやっています。よろしければご参加ください。

■日時
2月10日(土) 18:30~19:45

■料金
1,500円

法華寺・お申し込みフォーム

お寺ヨガ@法華寺 お申込みフォーム

◆【あと2名で終了します】バックファクターズ45分コースモニター募集

12月よりバックファクターズ45分コースのモニター募集をしてきましたが、思ったより早い段階でお試しに来てくださる方が多かったため、第一弾のモニターはあと2名ほどで終了となります。

 

◆ バックファクターズ45分コース

 通常価格 7,000円 → モニター価格 3,500円

 

これまでやっていたものに比べて手技がたくさん入ってくるので、私にとってもチャレンジングな企画でしたが、しっかり背中にアプローチするので、かなり身体はゆるむんじゃないかと思います。

f:id:yoga-nagi:20180118003412j:plain

試してみたいかたは是非お早めにご予約ください。

 

また、こちらのモニターさんにはアンケートにご協力いただいておりますので、予めご承知おきくださいませ。気になるところあるけど言いづらい、などと思わずに、ぜひとも忌憚のないご意見を。

 

皆さまの愛のある辛口なご意見に育てられ、成長していくメニューです。

よろしくお願いします。('◇')ゞ

 

お問合せフォームより、ご希望メニューとご希望日時を第3希望くらいまで書いてお送りくださいませ。LINE@にご登録されたかたは、メッセージでお送りいただいてもOKです。

 

◆yoga kutir 凪
~ヨガ・ピラティス・マスターストレッチ・足圧・アロマ~

ホームページ | スケジュール | ご予約 | お問合せフォーム 

 

 

 

 

円光寺ヨガ12月16日(土)開催です!

円光寺のヨガレッスン、12月は次の土曜日開催です!

今年はこれで最後の円光寺ヨガ、お待ちしております!

1月以降の予定はもうすこ~しお待ちくださいませ。(多分第3土曜開催・・・)

 
お寺ヨガ@円光寺
風情ある下町の禅寺です
*開催日時* 12月16日(土) 15:30~17:00
*料金* 1,500円 + お寺の募金箱に100円程度の寄附

お申込みフォームからご予約ください!

 
皆さまのご参加お待ちしております。
ご都合がつかない皆さま、、、体に気をつけて良いお年を~~~!

祝1周年

f:id:yoga-nagi:20171021192806j:image

円光寺の月イチのヨガ、今月も無事終了しました。

 

お片付け中に

「今回で12回連続で通いました!」

と、声をかけられました。

 

1年間続けました!というご報告。

 

もうそんなに経つかー(°▽°)と、感無量でした。

 

継続するということ、また、継続による恩恵を享受するためには、それなりに粘着力みたいなものも必要です。

 

飽きたらとっとと次に行く心の軽さが必要というのも、100%間違ってるわけじゃない。継続しなければならない、という呪縛にかかって苦しむくらいなら、辞めてもいい。とは言える。

 

ヨガの場合、体にいいことだから、やらなきゃ!と言う人もいますが、そんなマインドでやるくらいなら別に辞めてもいいんじゃ…?って思ってしまいます。やっても大して体に良くないような気がするのです。

 

まあ、要するに傍から見て辛そうってなことまでも楽しいと思えないと続かないですよねー。

 

 

「みんな、やれば良いのに〜」という思いも、もちろんあります。

 

立場上、

「ヨガが◯◯に良い5つの理由」

とか、

「◯◯でも出来る簡単ヨガ10ポーズ」

とか、、

 

書くべきなんでしょうが、、、

 

やっぱり、、、

 

そんな空々しい文言で鼓舞しないとヤル気にならないなら、別にやらなくても…と思ってしまう。

 

1周年によせて毒を吐くという意味不明な展開になりました。

 

これからも楽しくやっていきましょう!

ニッコリ( ^ω^ ) 以上!

 

 

写真は夏の終わり頃の夕焼け。

最近雨で心も晴れないという方も多いから。

 

 

ホームページの写真が明るく変身しました

ホームページのトップにこんな写真が入りました。

f:id:yoga-nagi:20171019143656j:plain

明るい感じっ!

ピラティスマシン、思い切って赤を選んで良かった。

 

もう、この真ん中のクジラ(みたいな形をしたスパインコレクターというツール)とか、ただ眺めているだけでも可愛くて和む(あ、私だけ?)。もちろん、いい仕事をしてくれる優れものなんですが。

 

そういえばマスターストレッチも赤ですね。(←これは今のところ赤しか出てないから選択の余地なし)

 

お客さまの娘さんがフォトグラファーとお聞きして、撮影をお願いしてみたのです。

 

iPhoneで撮影したのとか使ってたので、比べ物にならないですね・・・。

 

あったり前ですが。

 

いくら最近は性能良くなってるって言ってもね。

 

しかもこの日の朝、たまたまLINEで全然仕事とは関係ないプライベートなメッセージをくれたスタジオGIFTのChaiさんを、いきなりその日にお呼び立てし、「生徒さん・クライアントさん役のモデルになってほしいの!」と、ガキ大将(ジャイアン?)みたいな私の横暴っぷり。そうして、撮影は敢行されたのでした。

 

忙しいのにありがとう。m(__)m

心の友よ~!(やっぱジャイアン?)

f:id:yoga-nagi:20171019150502j:plain

 

そんなきっぷのいいChaiさん。

彼女のスタジオで、11月11日と25日、グループレッスンを担当いたします。今回はヨガではなく、ピラティスを中心とした地味なトレーニングとマスターストレッチを組み合わせた贅沢な内容を、少人数グループで受けることが出来ます!という内容になる予定です。

 

詳細はcoming soon!です。

 

 

お寺ヨガ@円光寺 年内の日程

「年内の」なんて言葉が早くも出てきてしまいました。

 

長期中期の予定や目標を考えたりするのが、とっても苦手な私ですが、世の中何かとお忙しくなってくる時期ですので、12月まで先に日程を立てました。

 

今のうちにスケジュールに入れておいてくださいね!(^_-)

 

お寺ヨガ@円光寺
風情ある下町の禅寺です

*開催日時*
10月21日、11月18日、12月16日(土)
15:30~17:00
*料金*
1,500円+お寺の募金箱に100円程度の寄附

お申込みフォーム

 

「スタニスラフスキーとヨーガ」とニューソート

タイトルが意味不明ですが…(´・ω・`)

 

最近のシステムにはお節介な機能が備わっているようで、hatenaブログから「1年前にこんな記事書いてたね」っていうメールが届きました。

 

それが、

「スタニスラフスキーとヨーガ」の読書録

(読書録というほどのものでもないが…)

 

ロシアの舞台演出家・スタニスラフスキーが、謎多き"ラマチャラカ"なる人物の著書からヨガの影響を受けていたらしいってことが綴られた意外な本でした。

 

ラマチャラカぁ?はぁ?誰だよそれ?!

 

とググってみますと、実は本名はウィリアム・アトキンソンっていうアメリカ人(!)ってことまで分かりました。

 

が、日本では有名じゃないし、あまり情報が得られなかったわけです。そんなわけで、当時は、なんとなくモヤンとしたままの紹介記事をアップしてます。

 

で、約1年経って先日「ヨガボディ」をようやく読了

 

なんとここに、このラマチャラカことウィリアム・アトキンソンのことが、まあまあよく紹介されてました。

 

1年かけて繋がった!(*^▽^*)

 

19世紀の終わり頃から人気があった、ニューソート(新思考)運動という流れに属する人物であるということ。ニューソートって?を追いかけ始めるとまあまあ壮大で面倒臭そうなので、本著からざっくりのイメージだけ掴んでおきますと、、

 

クリスチャン・サイエンスの分派が始まりの擬似宗教的な運動であり、

・個人の繁栄や健康のために生まれつき持つ自己の神性を活かすこと

・ポジティブ思考により神性を呼び覚ますこと

などなどについて幅広く説かれた、プロテスタント的教え。

 

自己暗示(もしくは意志力)で病気さえ癒すことが出来る、みたいな考え方は ー おそらくヒッピーカルチャーなんかを経由して ー 現代にも脈々と受け継がれている。ヨガを含む精神世界探求型人間が好む思想だと思う。なんとなく、神秘主義的で東洋的っていう印象もある。

 

がっ、しかし、ヨガがその起源じゃないよ!

 

というのが、本著(ヨガボディのほう)の論点で痛快だったトコ。

 

むしろ、元々あった欧米起源の身体文化にヨガを融合させることで、ヨガを西洋人にも受け入れ可能なものに変容させた。つまり、元々あったハタヨガ(←そもそもこれが正確には何なのか、実はあまり明らかになっていない)に何かを混血させたものですらないっていうこと。

 

仏教とか、パタンジャリのヨガとか、肉体を否定するような哲学の場合、凡人がうっかり真に受けて取り組むと死にたくなるかもしれない。来世で救われれば本望、みたいな思想もあるし。ヨガを含む精神修練において、師を持つことの重要さはこの辺りのバランスをいかに保つか、ということと関係が深いように思う。

 

それに対して、現世に役立てる方向に持っていくのが得意なのも、このニューソート系哲学の特徴ではないかしら。決して精神性が無いってわけじゃないんだけど、現世利益的。 

 

そして現代でも流行っては廃れ、廃れては流行る自己啓発成功哲学の類っていうのも、この辺りから脈々と受け継がれている。どれも厭世的な思想ではないから害毒にはならないかもしれない。けど、良薬というほどでもない。効果には個人差があります、の断り書きのついた栄養補助食品みたい。

 

現代ヨガの源流にはそういうものの影響が少なからずある、ということは、知っておいたほうが良いようには思う。指導する側にいるのであれば特に。

 

あっ、スタニスラフスキーの話は全然出てこなかった。。

 

 

スタニスラフスキーとヨーガ

 

ヨガ・ボディ: ポーズ練習の起源

 

 

yoga kutir 凪
自分が「整う」ヨガ・ピラティス

ボディコンディショニングサロン

ホーム料金お問合せ